アロマフレッシュサーモ(AFT1021-1B)の使い方・口コミ

調理家電

コーヒーはインスタントよりも、豆を挽いて淹れたコーヒーのほうが美味しいのですが、
どうしても手間がかかってしまいます。

そんな手間がかからずに淹れたてコーヒーが楽しめるのが
メリタの「アロマフレッシュサーモ AFT1021-1B」です。

このアロマフレッシュサーモの使い方と口コミについて紹介します。

アロマフレッシュサーモ AFT1021-1Bについて


アロマフレッシュサーモは「ミル付き全自動コーヒーメーカー」です。
日本で初めてのメリタブランドの家庭用全自動コーヒーメーカーとなっています。

ミルには、業務用としても使用される円錐状の刃の「コニカル式グラインダー」が採用されています。
豆の挽き具合は3段階から選べます。

抽出方式は長年定評のあるメリタ独自のペーパードリップ式で、
コーヒーメーカーなのに風味も調整できます。

淹れられる量は、2杯から最大10杯分(1.25L)とかなり量があります。
また、指定時間に合わせて挽きたて・淹れたてのコーヒーを自動で作ってくれるタイマー機能もあります。

ポットは真空二重構造ステンレスポットを採用していて、
コーヒーを煮詰めずに保温することができます。

透明な水槽タンクは取り外しできるので、給水も簡単にできます。

アロマフレッシュサーモの使い方

基本的な使い方はミル付きのコーヒーメーカーとほぼ変わりません。

まず豆を本体のホッパーに入れ、ペーパーフィルターをセットし、
タンクに必要な杯数分の水を入れ、電源ボタンを押すだけでOKです。

また、ボタン操作だけで、挽き豆の計量の手間を省き、
好みに合わせてコーヒーの風味や濃さまで調整できます。
この機能はタイマー使用時でも使えます。

挽き豆の量は「杯数ボタン」を押すだけで、2・4・6・8・10と計量できます。
計量スプーンなどで測る必要はありません。

挽き豆はセットしたペーパーフィルターに直接入るので、
周囲をコーヒー粉で汚す心配もないので、お手入れも簡単です。

ホッパーのそばには、中細挽きから中挽までの3段階に調整できるダイヤルがあり、選択できます。

コーヒーの風味や濃さは「コーヒー豆ボタン」を押すことで、マイルドからストロングまで3段階に変えられます。
豆の量を変えずに、風味を変更できるのはアロマフレッシュサーモの特徴ですね。

また、すでに挽いてある豆も使用することができます。

アロマフレッシュサーモ AFT1021-1Bの口コミ

高級感がある。もう少し高さが低いと満点。
ステンレス保温も良いし、上部にコーヒー豆が見えるのはテンション上がる。

他メーカーだと水を入れる容器は本体後部だが、この商品は右横にありスムーズに取り出せる。

最大10杯淹れられるので職場などでありがたい。

スッキリしたデザインで好み。ただし保温ポットはいただけない。高さを抑えるためとはいえ不格好。

風味は良い。サーモスのコーヒーメーカーより美味しく感じる。

タイトルとURLをコピーしました